SUBARU CXWA

太田市富士重工雨坪駐車場にて
第11回スバリストミーティングにて


3.3L BOXER-6 24valve 240ps(E-4AT)

Length : 4,620mm

Width : 1,770mm

Height : 1,300mm

Weight : 1,590kg

Engine Type : EG33 BOXER-6 24valve DOHC

Maximum Power(NET) : 240ps/6,000rpm

Maximum Torque : 31.5kg-m/4,800rpm

English is here.



[年式]:平成4年(2月登録)

[色]:ブラック・マイカ

[走行距離]:87,191km (H21.5.16 現在)

[Modification]

 ちょこちょこいじくってます。詳細はこちら [H19.3.24 更新]

 羽根無し鯨の写真はこちら

[メンテナンス&トラブル]

 メンテナンスで気をつけていることはオイル類くらいでしょうか。エンジンオイルは5,000kmごと、 オイルフィルターは10,000kmごとに交換するようにしています。

 ◆ メンテナンスレポート [H21.1.24 更新]

 トラブルについては馬力のあるクルマですし、スバルの意欲作なので(謎)ある程度は仕方ないこと と諦めております。A^_^; このレポートは私が遭遇した不具合をまとめました。

 ◆ 不具合レポート [H21.1.24 更新]

[コメント]

 とうとう買ってしまいました。黒鯨。^^; BFとの 2台体制で金銭的に苦しいですが、まぁ、何とかなるでしょう。(笑)
 購入は鯨(SVX)と言えばココしか無いと一部スバリストの間で評判のガレージ鷺沼(川崎市)です。
 ここの社長さんは鯨を「日本のフェラーリ」と豪語するほど思い入れがあります。(^^;) あっ、 奥さんも社長に負けないくらいの思い入れがあります。(笑)
 鯨はいつかは乗りたいと思っていました。ジウジアーロデザイン、スバル車、水平対向6気筒。この 三つの条件が揃うこと自体、やはりバブルの申し子たる由縁でしょう。NSX,BEAT,SERA,AZ-1... 90年代初めはクルマにとって一つの黄金時代でした。
 いつかは乗りたいと思っていたのに、何故、今乗っているのか? 大きな原因の一つが ALCYONE FOREVER MEETINGに参加したことです。このイベントで 多くの鯨を間近にみて、その美しさを再認識しました。また、中古車の相場が大分こなれてきてい たことも大きな要因です。

 で、結局手を出したのが今の愛車です。

 現状販売で車両価格は\1,000,000。税金、諸費用を含めても120万円以下におさまりました。 車両価格を押さえて、レストアのつもりで少ないお金を投資しようと考えています。投資と 言ってもドレスアップやチューニングの為ではありませんので、念のため。(笑) ベストコ ンディションを保つための部品代や整備代です。(^-^)
 さて、私の鯨ですが、当初は大きなトラブルは特に有りませんでしたが、購入後1年半に ミッション交換となりました。SVXのミッションはスバルの「ガラスのミッション」の例に 漏れず、交換しているオーナは多いです。ただ、こればかりは乗り方にもよりますので 必ず壊れるとは言えません。詳しくは不具合レポートに 記述してあります。

 納車後すぐにショックを交換しました。やはり新しいショックは良いものです。走りが一皮むけ たようです。

 そう言えばインプレッションみたいなものを書いていませんでしたね。(^^;)

 インプレッションはこちら [H13.9.25 更新]

目次