- 鹿児島交通 その2 -

平成10年9月26日 探訪


 加世田バスターミナルを後にして知覧へと向いました。
 国道270号線を10km程北へ走り、国道を左折して県道22に入って、街の中心部を抜けた奥に 伊作駅跡はありました。

伊作駅跡
▲伊作駅前のロータリー

 伊作駅跡と思われる場所にはバス待合所とロータリーになっていました。バス待合所 も平成8年までは鹿児島交通伊作営業所だったようです。
 バス待合所の裏は空き地となっており、ホーム跡と思われる石垣の一部が地面に出て いました。

▲伊作駅構内跡から加世田方面を見る ▲手前にホームの石垣と思われる石が見える

伊作駅付近の踏切り跡と永吉駅付近の橋脚

〜概略図〜
MAP
※この地図はあくまでも概略です。位置関係や縮尺は必ずしも正確でありま せん。

 伊作駅からクルマで少し走ると踏切り跡がありました。レールがあった部分はアスファルト で埋められていましたが、石畳は残っていました。バラストは残ってはいませんでしたが、錆 びた犬釘が落ちており、ここに間違いなくレールがあったことを教えてくれました。
 国道270号線を北上すると、川に残された橋脚が目に入りました。永吉駅付近だと思われま す。"かめまる館"という農産物販売所にクルマを止めて撮ったのが下の写真です。

▲踏切り跡。錆びついた犬釘が落ちていた。 ▲永吉川に残る橋脚

 永吉から吉利までは国道270号線にほぼ平行しており、線路跡も比較的良く残っていました。
 廃線から14年。多くの人々の記憶からも忘れ去られ、思い出の中に大切にしまわれている ようでした。

夢の跡を訪ねて〜鹿児島交通 終わり


夢の跡を訪ねて